イギリスはおいしい

| コメント(0) | トラックバック(0)

イギリスはおいしい
林 望

楽しい語り口でイギリスの食事を中心とした話題で、日本文化や
習慣、いろいろなことに目を向けさせてくれます。
以前に読んだ「日本語の磨きかた」の著者。
ランチ友達が「この人の本を読んだ中では一番面白かった」と絶賛していたので
早速図書館で借りてきました。図書館にあるのはハードカバーでした。

何故かその友人は図書館の蔵書の数まで把握していた(^^;)

イギリス人には「主食」という概念はない、などなど、思い込みを壊してくれる楽しき一冊。
そういえば、どんなに説明されても、彼らの食事の習慣も理解しにくいし、訳すこともできないのは
やはり自分の概念にひきつけることが難しいからなのかな。

かずとりき続報(?)

次女がいいおもちゃにしています。
何冊か積んであった書評使用と思っていたRookie Read-About Holidaysも
勝手に数えてエクセル入力までしてくれました。
こんなことなら全巻積み上げて置けばよかったなあ。
そして、カチカチと推し続け、9999になると
にま~っとして、「カチッ!」と0000にしました。

Rookie Read-About Holidays / Geography
サッとはじめに手に取ったものの、やはりまだ中1には難しいみたいです。
私がほとんど一人で楽しんでいます。
結局今日の読書タイムはORTを読み直しました。

大人のパンダ用、または、Holidaysならそればかり立て続けに読むと
はじまり方がワンパターンなので出だしなんかは覚えてしまいそうですね。

もっと絵本を読んでから読んだほうが良さそう...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bookshelf.hacca.jp/kotatu/mt/mt-tb.cgi/2913

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、sumisumiが2003年11月 7日 09:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イギリスはおいしい」です。

次のブログ記事は「突然、Aromatherapy」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。